タクシーの転職 で成功するために

TOPページ

おすすめな理由をご紹介

MENU

魅力的なタクシーの仕事を検討されている方へ

失敗しないタクシーの仕事の選択

タクシードライバーへの転職という選択肢をお考えになったことはありますか?
ありふれていて地味なようで、実は刺激に富んだ特別な仕事です。まずは、失敗しない仕事の選択ができるようこのサイトにてじっくりとタクシーの業界研究をされてみてください。転職の成功には情報収集がとても重要です。

歩合給で働くことによる充実感

タクシーでは何よりその給与形態が特殊で、基本的に「歩合制」で給与が支給されます。ドライバーは一定の固定給をもらいながら、そこに自分の成果による歩合が加算されるという仕組みです。
歩合の上乗せを前提としているために固定給の部分は他職種と比べて若干低く、12~15万円といったところがタクシー会社ではほとんどです。

これでもそれなりの金額はありますので、自由な働き方と合わさってタクシードライバーという仕事を独特のものにしています。歩合制だとどんなメリットがあるでしょうか?仕事のペースは自分のモチベーションに直結します。頑張れば頑張るだけ、お客様を乗せて走れば走るだけ自分の給料は上がるのです。転職を考える際には魅力と思います。

逆に言えば、タクシーの仕事では人を乗せられないとプレッシャーがかかることになりますが、ある程度の固定給のおかげで最低限の収入は確保できますので、失敗を恐れずに接客を学んだり、道や道路事情を覚えたりすることに集中した方が結果的は良くなるでしょう。

高収入稼ぐことで仕事の誇り

タクシーに乗ってくれるお客さんを見つけられないと焦るんじゃないかと不安になりそうですが、タクシーの働き方は街を走っていて乗客を見つける「流し営業」だけではありません。

無線で指示を受けて待っているお客様のところに向かったり、駅や病院などのタクシー乗り場で待つ方法や、ハイヤーなどの分野で予約を受けてお客様を案内する
ことなどもできますので、街中で乗客を見つけられなかったらとか、人のいるスポットが他のタクシー車輌で埋め尽くされていたらどうしたらいいのか等悩む必要はありません。

基本的に、タクシー会社にとっても乗客のいない状態、「空車」は避けたいものだからです。ですので無線などを駆使して出来るだけで「実車率」を向上させようと日夜励んでいるのです。これは会社の業績だけでなくドライバーにとっても良いポイントで、会社が儲かればドライバーも儲かるという実に理想的な給与体系を有しているのがタクシードライバーの世界なのです。
転職にも実は、人気な職種であることは言うまでもありません。

今までとは違った世界で生きられる

地方と首都圏や大都市での稼ぎは確かに違いますが、それでもこのタクシードライバーとしての勤務内容や給与体系は同じです。自分が人を乗せれば乗せるどお金を稼ぐことができ、そういう日は集中力も保ちやすいものです。
実際、東京などではタクシードライバーとして稼ぎやすく、年収が1,000万円近くになる人もいるのです。大手タクシーのトップですが、頑張り次第ではどなたでも達成可能です。転職したいという方が増えるのも無理はありません。

そうやって自分の仕事ぶりが直接自分の利益となって返ってくることで、プロフェッショナルに仕事をこなしていることへの満足感や、すべきことに集中している充実感を味わい易いのもタクシードライバーの醍醐味でしょう。

現実には道を覚えるのに苦労したり、時には心無い乗客からの扱いに苦しむこともありますが、タクシードライバーの業務においては自由と歩合制による独特な仕事のスタイルは日々の勤務姿勢に刺激となります

また、タクシーに乗せるお客様とは一期一会です。嫌な乗客でも長くて数十分すればおさらばですし、そういう人ばかりが乗ってくるという訳でもありません。むしろ、普通なら会う機会のない職種の人の話が聞けたり、忙しい予定の中でタクシーに乗れてほっとしているお客様の信頼を感じるときに、今までとは違った世界で働いている満足感を得られるでしょう。

不思議なことに、歩合制によって安定していないともいえるこのタクシードライバーの仕事なのですが、刺激に溢れた勤務内容は人を引き付けるものがあるようで、近年では転職先として人気もあり若い人や女性のドライバーも多くなりました。自分に裁量がゆだねられた責任感は、むしろ自分がすべきことをしさえすれば自由の源となり、後述する勤務内容と合わさってライフスタイルも自由になるというケースが多いようです。

趣味や副業をしながらタクシードライバーとして働いたりする人も多く、中には芸能生活に携わりながら普段はタクシーを運転しているという人もいます。これだけ自由と責任に支えられた仕事は、誰でも勤務可能という条件をつけるとそう世の中にはありません。これが魅力です。きちんとわかっている人は、転職での選択肢としているのです。

転職後に後悔しないために

会社員は幸せな職業とは限らないタクシードライバーに転職するのに、せっかくなら順調な滑り出しを決めたいものです。タクシー会社は重労働で中にはブラック企業のところもあるというイメージをお持ちの方も少ないかもしれません。

そしてそれは半分事実です。確かに恐ろしいほど低い歩合率でドライバーを扱ったり、法的に決められている労働日数の制限や休憩時間の取得をないがしろにし、多数のドライバーをやめさせていった悪質なタクシー会社も存在します。

明るみに出ればすぐに行政指導が入ったり取り締まりの対象となるのですが、根本的に人手不足に悩まされる運送業界全般において、なかなか解決に至らない複雑な問題でもある以上、自分で賢く転職するタクシー会社を選ばなければなりません

事前の情報収集が大事

なぜ常に求人情報が出ているのか賢くタクシー会社を選んで、転職を成功する。まずはここが大切です。しかし、そのためには事前の情報収集が不可欠です。インターネットには、実際に勤務している人の声や会社の評判をまとめた便利な情報サイトがいくつも存在します。

タクシーの会社に関するそれだけの情報が集まっているのは一昔前では考えられないことでしたが、これらを利用しない手はないでしょう。

ネットで評判を調べることも大事

レビューというものは、偽のレビューや企業側の書き込みによってその価値を下げつつあるものの、ある程度複数のウェブサイトをあたってみて悪評や問題の指摘があまり無いようであれば、その情報はひとまず信頼できると判断して大丈夫でしょう。実際にタクシードライバーとして転職した方もかなり書き込みをしています。

転職に成功した方の声

実際に転職に成功した方はどんな感想を残しているのか、ほんの一部ですがここにご紹介します。

「タクシードライバーは営業収入(売り上げ)をアップさせるために自分で考えて実行するので、個人事業者のような楽しみがあります」
「タクシードライバーの仕事は文字通り自分次第。昼寝に充てようと思えばどれだけでも休めるし、夜間に乗務に入れば、体力さえ持てばガッツリ稼げる。そう意味では自由であり窮屈でもある」
「道になれるには時間がかかりますが、タクシーの仕事にやりがいを感じています。自分は地理や地図を見るのが好きなので、経験を積むほど街の様子に詳しくなることを楽しんでいます」
「タクシードライバーとして転職してから働いて20年になりますが、日々勉強です。夜間は酔っ払い客や騒ぐ客なども時折乗せることがあり、日中は高齢者や妊婦さんなども見かけます。それぞれの状況で首尾よく対処し、お客様に快適に利用していただくために、また無用なトラブルを避け安全に運行を続ける上でも日々試行錯誤を重ねています」

タクシーの仕事がおすすめな理由

休日が多く時間にゆとりのある生活

埼玉県でおすすめの会社タクシードライバーの仕事を特別にしているものは、その勤務スタイルです。通常会社員は毎日出勤して週末は休み、残業も当たりまえのようにあって会社にいるときは休憩もそれほど取れない、というのが通常の勤務スタイルですが、勤務中は基本的に一人です。

営業所や出庫・入庫、洗車やメンテナンスなどの際にはもちろん人と会いますが、タクシーの乗務中に仕事のペースをコントロールするのは自分です。

その意味では、先ほどの感想にもあったようにタクシードライバーというのはかなりの程度自由な職業です。まるで自営業のようだという人がいるのもうなずけます。人間関係のストレスが少ないことに加え、タクシードライバー独特の「隔日出勤」というシステムがより自由度を増し加えます。隔日出勤とは、一日働いて一日休むといった勤務スタイルのことです。

そんな内容できちんと稼げるのか、と転職の際には不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはその働く一日には実働15~17時間の乗務時間となります。朝7~8から夜中の2~3時までは当たり前で、タクシー会社の営業所やシフトの都合によってはそれ以上になることもあります。

もちろんそれだけの時間をぶっ続けで運転するわけではありません。日本では法律により、一日最低3時間の休憩時間を取るように定められています。

こうして労働者の安全を確保しつつ、乗客運搬という特殊なサービス業との両立を図っています。最低三時間ですので、休もうと思えば幾らでも休めます。とはいっても営業ノルマを設けているところが多いのも事実ですが、基本的にはタクシードライバーとしての仕事のスタイルは自由です。隔日出勤であれば月に13日までの勤務しかできません。

それだけ休みの日数が増えるということですので、自由な時間を沢山持つことができます。もちろんそれだけの長時間のタクシー乗務の後は疲労がかなり来るはずで、休みの日といってもかなりの時間を睡眠や休息に充てるケースが多いと思われますが、毎日仕事のことを考えなくていいというのは、人によっては非常に大きな魅力となるでしょう。タクシードライバーへ転職する大きな魅力がここにもあります。

収入アップも現実に

兵庫県でおすすめの会社働き方が自由な分、収入アップを目指すのも容易です。通常の会社員の場合、昇給を目指すとなると5年10年単位での期間が必要になりますが、タクシードライバーの場合はお客様を沢山乗せればそれが収入アップにつながります。これは早い段階でそれなりの高収入を得る、しかも何か特別な資格なども必要としない手段です。転職してから高収入になるまでが早いのです。

これによりと都市部などで勤務した場合年収600万円程度なら現実的な視野に入ってくるでしょう。中には年収800万900万円というつわものもいますから、タクシーに乗れば乗るほど高収入になるというのは魅力的で現実的な話なのです。それには道をしっかり把握することととにかく安全運転で無事故無違反を心がけることによる、お客様の信頼を得ることが不可欠です。

基本的に、タクシーの利用にあたって早く目的地に着くよりも安全に着くことの方を誰しも好みます。事故に遭った際の時間やエネルギーのロスはすさまじいばかりでなく、ケガなどの実際の被害が出ると仕事どころではなくなるからです。ですので、安全に運転を続け信頼を勝ち得ることができれば固定客や指名するお客様も現れることでしょう。

必要以上に会話したり盛り上げたりする必要は必ずしもありませんが、適度な会話ともてなしの精神を表すなら、それは乗客にとって心地よいひと時となり、またこの人の運転でタクシーに乗ってみたいと思うものです。

定年が60歳ではない、70歳くらいまで働ける

埼玉県でおすすめの会社タクシードライバーの場合は定年の上限という点でも有利です。70代のドライバーというのも珍しくなく、実際の平均年齢は58歳と発表されています。これは古株が威張り散らしている業界ということではなく、むしろ長く続けやすい職業であることを示しています。普通の会社員を辞めてタクシードライバーに転職する人は少なくありません。

そのために免許取得の費用を会社側が負担するのも業界の常識となっており、基本的に未経験でも転職できます。

定年後にタクシードライバーに転職して、続けていけるのなら、今後減っていくといわれている年金以外にも生活の手段が確保でき、体力が衰えてくると、隔日出勤ではなく通常の昼日勤やその他の定時制に変えてもらうなど、実にフレキシブルに働けるのもそれだけの長期の勤務を可能にしています。

タクシードライバーは刺激に富んだ楽しい仕事です。休憩も自分で好きな時に取ることができ、自由に働けます。迷惑な乗客や歩合制は時によりストレスとなりますが、それは大したことではありません。タクシードライバーは基本的には柔軟に物事を変えていける数少ない職種です。
これから転職して気楽にやりながらこれほどの収入を稼げるという職種はそうそうあるものではありません。

それに、タクシードライバーのために必要な特別な資格はなく、せいぜい二種免許を取得することぐらいでしょう。それも、大体の人は二週間ほどあれば取得しているのです。なにも難しいことはありません。
東京都、神奈川県、大阪府の場合には、地理試験に合格することもタクシードライバーとしてデビューする上で必要なりますが、転職し入社してからしっかりと研修してくれる会社を選べば、問題ありません。どなたでも問題なく合格できます。

まとめ

ご自身の環境はタクシードライバーへの転職に向いていますか?そうであればぜひ機会を捉えて頑張ってみましょう。

まずは、各タクシー会社が開催している会社説明会に参加すしてみるといいでしょう。それはきっと満足な仕事への入り口となります。今の仕事に不満を感じているのでしたら、真剣に転職することを検討してみても良いかもしれません。

業界で最大級の入社祝い金がもらえる、人気の求人サイト「タクQ」を使って説明会の予約や応募をしてみてください。

タクQ Webサイト


pagetop