タクシーの転職 どのようなメリットがあるか

TOPページ

おすすめな理由をご紹介

MENU

知っておきたいタクシーの仕事

どのようなメリットがあるか

どのようなメリットがあるか

タクシードライバーに転職するメリットには、人によってはデメリットを上回る得意な美点が沢山あります

タクシードライバーの世界に入ってみたいけどなかなか勇気の出ないという方には、これらのメリットは一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません。


仕事のペースは自分次第

タクシードライバーでは何より個人での行動がすべてです。現役のタクシードライバーへのインタビューでは、ストレスをあまり感じずに仕事を進められるという答えが返ってくることが多いのです。

上司や同僚との接触を少なくしようと思えばほとんど無くすことができ、細かい指示や要求も特になく、自分で現場へ出かけていって自分の車で仕事のペースをコントロールするというのがタクシードライバーの醍醐味のようです。

そういったマイペースで働ける環境では仕事が長続きしやすいもので、比較的高齢でも新入社の多い業種であるのも不思議ではありません。他の運送業やドライバーの仕事に比べて活動範囲は狭く、車内で一人で休む時間も持てます。

お客さん待ちの時間は仕事の効率を落とすので出来るだけ空車の時間を減ら方向で業務を行うことになりますが、それでもペースをコントロールするのは自分次第です。それが良くてこの仕事を長年続けている人も沢山います。

会社勤めの仕事スタイルに比べて先輩・後輩関係の気を遣う瞬間も間違いなく減ります。基本的に、一日(業務)の最初と最後に営業所で所定の手続きを済ませる以外は自分ですべてを決めて仕事を進めます。

これは収入が自分次第というプレッシャーと常に隣り合わせとも言えますが、慣れてきてそこそこ稼げるようになればむしろ自分の時間の使い方やペースに意識を割り当てることができます。

これは人間関係でストレスを抱えている方には大きな魅力のはずです。慣れさえすればすべて自分次第で仕事が進められるというスタイルは、他の職種ではなかなか手に入れることが難しいものです。

融通の利く勤務スタイル

お客さんを乗せている時間もそう長くはありません。

嫌な乗客を乗せたとしても、長くても数十分もすればどこかに消えていきます

人との出会いがあり、テンポよくそれらが入れ替わっていく様も気軽な要因の一つです。

自由度の高さはその勤務スタイルにも表れており、時間の融通は効かせやすくなります。タクシー業界でメジャーな「隔日勤務」のスタイルでいけば、丸一日働いてその次の日は休みという生活になります。

一日の勤務時間は18時間にもなることがありますが、それには自由に取った休憩や停車時間も含まれており、実際の稼働時間も自分で管理して働くのです。

このようなスタイルは給料が固定制でないことを除けばむしろ理想的であり、多くの人が気楽だと感じる理由になっています。隔日勤務はひと月の休み日数が多くなることも魅力の一つであり、詰めて働くのが辛い方にとっても理想的な環境でしょう。

勤務時間や休憩時間が細かく定められ、その休憩時間も事務所や休憩室の快適な環境ではないところで休まなければならない仕事に比べると、圧倒的に自由と解放感に満ち溢れています。女性が勤務しやすいのも魅力の一つです。

もし怪しい素振りのお客さんを見かけた場合は、その人を乗せるかどうかも自分で決めることができ、ある意味身の安全やプライバシーも自分で守ることができます。運転する車は見切りが良く感覚が掴みやすいもので、勤務内容と合わさって運転技術も向上し、狭い路地などでも運転が上達するものです。

残業は基本的にない!

勤務時間の調整もききやすく、ガッツリ稼ぎたい方には「夜日勤」でタクシー王道の働き方を、生活リズムを崩さずに仕事するには通常の「昼日勤」、自由時間を多めに取りたい、ゆっくり休みたい方には前述の隔日勤務など、働き方もフレキシブルに選べるのもタクシードライバーの良いところです。

会社によっては出勤時間も融通がきき、とにかく自由に物事を組織できます。歩合制の給料はデメリットでもありますが、魅力の一つになり得ます。

自分の売り上げの何割かを会社に収め、残りは自分が取るというシステムは多く、それだけ稼ぎに依存しています。やればやるほど稼げるとも言えますし、月の前半に頑張っておいて残りはペースを落としてゆっくり働くこともできます

そういった加減も自分次第で行えます。ご存知かもしれませんが、東京などの大都市でなければタクシーを見つけられない時間帯があるものです。タクシーの業界では残業という考え方が基本的になく、夜日勤でもなければ決まった時間に営業所に戻って生産と片づけをします

ですので無駄に夜遅くまで働くことはなく、多少遠隔地へ出向いて帰ってきてもその分の稼ぎは自分の収入にきちんと加算されますので、実は隠れたホワイト企業の一つです。ドライバーの体調が自身のみならずお客さんや交通の安全を左右しうるため、過度な業務時間は厳しく禁じられています

まとめ

体力的に極端に厳しい仕事でもなく、慣れさえすれば年齢に関係なく多くに人気の職業だといえます。転職を真剣にご検討してみませんか。
きっと素晴らしい世界が待っています。


pagetop