タクシードライバー転職成功ガイド

タクシードライバー転職成功ガイド

MENU

タクシードライバーの年収と給料

タクシードライバーの年収と給料

タクシードライバーは稼げないとお思いの方も少なくないでしょう。

経済の不況に伴い、以前ほどの活気がないのは事実です。

しかし、タクシードライバーの世界は実力次第で大きく変わります

一般的な目安は月給20万円から30万円程です。年収も全国では300万円程度が平均的な水準と言われています。
しかし、東京都の平均は440万円を超えています。
タクシードライバーは、東京を中心とした都市部なら実際にはしっかりと稼げる魅力の職業なのです。転職を考えてみませんか。

都市部で働こう!

実は、タクシー会社によって払われる給与やシステムは違います。完全固定月給のところもあれば歩合制のような会社もあります。自分でお客さんを見つけたり、固定客を探すのに自身が無い方は、まずは固定月給の会社から始めるのもいい方法かもしれません。

そうしてスキルや経験を積んだのちにより難しいが高級が狙える会社へと転職を狙うことができます。タクシードライバーの中には年収700~800を超えるドライバーも存在します。もちろん実力だけでどこの田舎でもそれだけ稼げるという訳ではなく、都市部や首都圏にいるかどうかも影響してきます。

お客さんの多いところが稼げるのは事実ですから、可能な限り大きい街で働けるように調整しましょう。タクシードライバーの勤務時間には種類があり、隔日での勤務や日勤、夜間の業務、定時制など様々です。

このうち一番稼ぎが大きくなるのは夜間です。人の流れが増える分当然乗客も見つけやすくなり、都市部であれば人は溢れかえっています。

こう言った時間帯はタクシーの業務にとっても有利であり、高収入のタクシードライバーは夜間に働いています。東京などの都市部で働くなら色んな人との出会いもあり、仕事における刺激も増えることでしょう。それもタクシードライバーの魅力の一つです。

情報収集

夜に働くと収入が増えやすくなるだけでなく、より複雑な道路環境や交通事情もスリリングな要素の一つになります。こういった要素はやりがいに変えていきやすく、タクシーの運転を続ける上で変化に富んだものとなります。

渋滞そのものはストレスですが、それを切り抜けるために頭を働かせますので、単なるストレスとは違い、渋滞の中で対処するチャレンジングな課題とみなして楽しむ人もいます。タクシーの稼ぎはお客さんをどれほど乗せられるかにかかっていますが、稼げるスポットというのはある程度決まっています。

こういった情報を手に入れるために、タクシードライバー仲間と情報を共有するのは大切です。大きな都市部になるほど、稼げる「穴場」のような隠れスポットも存在するようになります。そういったところを知るには自分一人の調査では時間がかかります。そういった面でも仲間と協力して情報を集める、そのような体制を構築しておくように努力しましょう。

身近にそんなチームが無くても、自分から発案してアイデアを共有するのも大いに有効です。誰でも稼げるスポットを知りたいと思うものですし、競争率の高さはハードルになるものの利害は基本的に一致しています。もし十分に稼げるスポットが見つかったなら、それは今後一生ものの仕事場となり得るのです。

チームで働く

タクシードライバーとして稼いでいくためには、単に穴場を知るだけでなく交通事情にも詳しくなる必要があります。

大きな都市であればあるほど交通事情は複雑になります。

道の複雑さのみならず渋滞や道路工事、時間帯による信号機の待ち時間、乗客数、客層の変化など、色んな表情を見せるのが都市での生活です。

こういった情報は一人だけでは把握できません。

同じように溢れかえるタクシーの乗客も一人で捌くことはどうしても不可能です。総合的に情報や乗員移送能力を管理し、最善の効率で乗客を捌いていくためにも協力は不可欠です。情報処理能力が高ければ高いほど、都市部での稼ぎも上昇しやすくなります。

複雑で難解な道路事情をマスターできれば、それだけでも仕事の満足感は大きく飛躍します。そのようなチームを会社内で作る必要があり、自分の協力や判断力も向上させていく意識を持ちましょう

個人で競争に勝つのは現実的ではありませんが、チームでなら歩合制の給料も上げやすくなります。連絡を取り合って空車時間を減らすことで、会社全体の効率が向上します。

そのようにして一度稼げる環境を作り上げていけば、そうやすやすと仕事に困ることはなくなりますので、都市部では特にこのような環境づくりが重要です。観察力は業務に必須です。稼げる範囲を見つけそれに順応することで、自分の収入の安定性も向上します

まとめ

観察力は乗客をより短い距離で届けることにもつながります。一見それでは稼ぎが減ってしまうように感じるかもしれませんが、無駄に遠回りするタクシーなど誰も乗りたくなくなってしまうでしょう。

より短いルートで安く済ませ、無駄に渋滞に巻き込まれることのない運転ができれば、それはドライバーとしてもタクシー会社としても良い評判につながります。それはゆくゆく顧客をより多く獲得し、収入を上げる要素となるでしょう。


pagetop